「標準生命表2018」適用により保険料が改定!

2018/03/03

「標準生命表2018」とは、算定団体の日本アクチュアリー会が作成する、年齢ごとの死亡率や平均余命などをまとめたもので、

各保険会社は、これを参考に保険料を決定します。

この標準生命表について、前回は2007年に改定されましたので、実に11年ぶりの改定となります。

今回の改定で、前回と比較して変わった点というと「平均寿命が長くなった」という事です。

平均寿命が長くなったという事は、高齢になればなるほど「病気にかかる確率が高くなる」一方で、若い世代では「死ぬ確率が低く」なる事を表しています。

これらの変化によって、医療保険やがん保険などは保険料が高くなり、定期保険などの死亡保険は保険料が安くなると思われていました。

ところが、各保険会社が発表した改定内容によると、①保険料据え置き ②特約のみ値上げ ③新商品にする 

など、お客様には分かりずらい改定となっていますので注意が必要です。

一番確実なのは、「プロに聞くこと」です。

国家資格のファイナンシャルプランナーが、お客様にとって最良のプランをご提案させて頂きます。

皆様のご来店、スタッフ一同お待ち申し上げます。

 

 

ご相談は完全無料です。しつこい勧誘も致しませんので、安心してご相談下さい。年中無休でご相談いただけます。

香椎千早店 ヤマダ電機香椎店地下1F

0120-777-153

受付時間:10:00〜20:00

福工大前駅(新宮店)ハローデイ新宮1F

0120-117-292

受付時間:10:00〜19:00

原店 イオン原1F

0120-77-2544

受付時間:10:00〜20:00